ラフトーク

それでも僕らは……本物が観たい!

2014年夏期展望 (4) さばげぶっ!、アカメが斬る!、月刊少女野崎くん

「Gigazineがまとめている2014年夏期新作アニメ紹介を(略)」第4回は『さばげぶっ!』『アカメが斬る!』『月刊少女野崎くん』の3本。これまで同様、Gigazineのポスト『2014年夏季開始の新作アニメ一覧』を見ながらのトークだじぇ。

さばげぶっ! →公式サイト

TVアニメ『さばげぶっ!』公式サイトの様子

さばげぶっ! 公式サイトの様子

これ4コマ? かわいいね。スクショが。

サバゲやりそうな絵柄じゃない[1]っすねw

うん、やりそうにない全然。これタイトル間違えてんじゃねえのって感じのスクショだw。

主人公・園川モモカは転校してきた梧桐学園高校

梧桐 ←読めない……「ごとう」かな?

なぜかサバゲ部に入ることに。しかしその部員たちは部長の鳳美煌を筆頭に、

鳳美煌[2] ←読めねーなこれ!

一癖も二癖もあるメンバーばかりだった! ギャグ満載で贈るなんでもありの女子高ライフが、今始まる!

……おいサバゲなんてやらねーんじゃねーかこれ?

なんかそんな気するね!

www あらあら。

いままでのこの手のやつで一番ヌルそうだw

これ『なかよし[3]』で連載してんだって『なかよし』!

んじゃ武器関係なさそー!

アカメが斬る! →公式サイト

TVアニメ『アカメが斬る!』公式サイトの様子

アカメが斬る! 公式サイトの様子

タツミは帝国の圧制下にある村から帝都へと出稼ぎにやってきたが、帝都は絶句するほどに腐敗しきっていた。貴族の家に身を寄せることになったタツミは、町で噂になっている富裕層を狙うという殺し屋集団・ナイトレイドたちと出会う。

うん、わかりやすそうですねー

www で、その「ナイトレイド」の中に「アカメ」という女の子がいるようですね!

なるほど!

なるほど!w
原作者[4]のひとりがシナリオ監修をやってるらしいです。

あーそういえば、バカなアニメーターが「アニメ制作で一番邪魔なものは原作者だ」とかツイートしてたらしいっすね。

えっwww またそういうこと言ったひとがいたのかーw

うん。すごいバカっているんだなーと思って。そういうこと考える時点で、どんだけ自分がバカなのかっていうのを、もうちょっと理解してほしいです。

www なんかあったのかねー?

月刊少女野崎くん →公式サイト

TVアニメ『月刊少女野崎くん』公式サイトの様子

月刊少女野崎くん 公式サイトの様子

このロゴ好きなんだよねおれ。かわいい。

無骨な男子高校生の野崎梅太郎に恋をした女子高校生の佐倉千代は、ある日、勇気を振り絞って告白をするのだが、想いは上手く伝わらず、気が付くと彼のとあるお仕事をアシスタントとして手伝うことに……。

こういうのは(コミックより)アニメで見るのが楽しそうだな。

うん。と思う。これは5分とか10分じゃないのかな? 違うのかな。

そういや、原作コミック[5]はあんま長い感じじゃなかったかな。

てーか30分やられるとつらいかなーと思ってんだけどwww

wwwそーだねー、3本立てくらいにしてもらえばいいかな?

うん、それならいいか!w

(5)につづく!

登場人物:
嘉多野テリー。かわいいものは好きですよ。
新司チューズデイ。ちゃんと仕事をしない人は嫌いですよ!

[1] サバゲやりそうな絵柄じゃない ……これも、トーク収録時のGigazineでのスクショは、ケーキだーっと並べて食べてたりお茶飲んだりしてる絵柄だったんです。本文で貼ったのは最近の……けっこうサバゲやりそうな感じになってた。ウェブはナマモノだなー。
↑ 戻る

[2] 鳳 美煌 ……「おおとり みおう」と読むそうです。「鳳」なんて姓のひとは名前とのバランスで悩むんだろうな……。
ついでに原作コミック『さばげぶっ!』について:松本ひで吉 (女性らしい) により2010年から連載されている漫画。単行本は今年6月で既刊6巻。 →Wikipedia
↑ 戻る

[3] なかよし ……講談社が出してる小中女子むけの月刊漫画雑誌。嘉多野も中学生のころ読んでました。なにを目当てにしていたのかは忘れた。 →Wikipedia
↑ 戻る

[4] 原作者 ……同名漫画の原作者であるタカヒロ氏は、ギャルゲのシナリオライター (『姉、ちゃんとしようよっ!』『つよきす』『君が主で執事が俺で』『真剣で私に恋しなさい!!』等々) としてぶいぶい言わすところから常勝ロードを歩み始め、いまでは漫画原作したり声優さんに縛られたりと、まぶしすぎる日々を送っているらしい。嘉多野はギャルゲやらんけど『サムライフラメンコ』の脚本で何回か名前見た。こんな経験豊富な原作者なら邪魔に思われることはないだろw →Wikipedia
原作コミック『アカメが斬る!』は、原作:タカヒロ、作画:田代哲也で、スクエニの『月刊ガンガンJOKER』で2010年より連載中。単行本は今年6月で既刊10巻。 →Wikipedia
↑ 戻る

[5] 原作コミック ……椿いづみ (2002年デビュー、本作で4作目) による4コマ漫画。スクエニの『ガンガンONLINE』で2011年から隔週で連載中。単行本はこの6月で既刊4巻。 →Wikipedia
↑ 戻る

コメントさん (0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です